ゴールデンカムイ PR

ゴールデンカムイ梅子の再婚相手は鶴見中尉?杉元との関係は?目の病気は治った?

アイキャッチ画像
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

今回は、ゴールデンカムイ梅子の再婚相手は鶴見中尉?杉元との関係は?目の病気は治った?と題してお届けします。

2024年1月19日に公開された実写映画『ゴールデンカムイ』、通称「金カム」。

主人公・杉元(山﨑賢人)は、幼なじみでもある戦死した親友の妻・梅ちゃんこと梅子(高畑充希)の目の病気を治すために金塊を探します!

ただの幼馴染み(しかも戦友の奥さん)のためにそこまでするのはスゴイので、「特別な関係?好きなの?」と思った方も多いのではないでしょうか?

そんな特別な関係っぽい2人ですが、杉元とは再婚せずに原作では梅子は他の男性と再婚したようですが、再婚相手は誰なのでしょうか?

本記事では、ゴールデンカムイ梅子の再婚相手は鶴見中尉?杉元との関係は?目の病気は治った?と題して詳しくご紹介していきます。

こんな方にオススメ!
  • 誰と再婚したのかの考察の参考にしたい方
  • 「杉元とは両想いっぽいけど、何で結婚しなかったの?何で再婚してないの?」と思った方
  • 「結局目の病気は治った?」と気になっている方
ねこ先輩
ねこ先輩
明記されてない部分は、考察を含めて紹介していくよ♪

ぜひ、最後までお付き合いください(*^^*)

アニメ『ゴールデンカムイ』を最新シーズンまで見るならAmazonプライム

月額600円(税込)で、最新シーズンまで追加料金無しで見られます!

ねこ先輩
ねこ先輩
「プライムで観る 30日間の無料体験を開始する」ボタンから登録できるよ♪

実写化キャストが出演している、

  • 映画『ヲタクに恋は難しい』(山﨑賢人さん、高畑充希さん主演)
  • 映画『樹海村』(山田杏奈さん主演)
  • ドラマ『エルピス』(眞栄田郷敦さん出演)

などもありますよ♪

※本ページの情報は2023年12月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

ねこ先輩
ねこ先輩

私のオススメは『ヲタクに恋は難しい』!

キュンキュンするし、めっちゃ笑える(笑)

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

ゴールデンカムイ梅子の再婚相手は鶴見中尉?

結論→梅子の再婚相手は不明だが、おそらくお金持ちであり、鶴見中尉ではない

スポンサーリンク



『ゴールデンカムイ』の梅子(高畑充希)は、杉元(山﨑賢人)の親友・寅次(泉澤祐希)と結婚し、息子を授かりました。

寅次は日露戦争で戦死してしまい、梅子はシングルマザーの未亡人となったわけですが、原作4巻で再婚の話が出ており、最終巻では、

花屋さんの社員?が梅子に「旦那様を呼んできましょうか?」と言っていた

妊娠していた

ため、誰かと再婚したことが分かります。

 

最終巻が出る前の時点では「もしや梅子の再婚相手は鶴見中尉では?」という考察も多かったようですが、最終巻を迎えておそらく違うことが明らかになりました。

本章では梅子の再婚相手について、

  • 「鶴見中尉では?」と言われていた理由と、そうではない根拠
  • どんな人と再婚したのか?

を解説していきます!

 

鶴見中尉ではない!

『ゴールデンカムイ』の原作4巻で、梅子のお母さんが梅子に再婚の話を持ちかけていました。

お母さんによると再婚相手は、

  • 年齢は40歳を過ぎている
  • 裕福で素敵な男性
  • 妻子を亡くして跡継ぎがほしい

とのこと。

 

鶴見中尉は、

41歳くらい公式によるとキロランケと鶴見中尉は同い年くらいとのこと。キロランケは1881年3月13日アレクサンドル2世暗殺時15歳で、金カムの始まりが1907年)

鰊御殿でピアノを弾いている時に「私の家も多少裕福だった時期がありまして」と言っていた

妻子を亡くしている

と、梅子の再婚相手の条件と全て当っています

ねこ先輩
ねこ先輩
鶴見中尉が妻子を亡くしていることについては、この記事で紹介してるよ
アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?今回は、ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?と題してお届けします。 2024年1月19...

 

鶴見中尉は自分の目的のためなら狂言誘拐までしちゃう人なので、杉元の気持ちを利用するために梅子と再婚して人質的な感じにてもおかしくないと思います(^_^;)

ねこ先輩
ねこ先輩
鯉登少尉を狂言誘拐してたことは、この記事で紹介してるよ

 

しかし最終巻を迎え、梅子の再婚相手は鶴見中尉ではないことが明らかになりました!

花屋さんの社員?が梅子に「旦那様を呼んできましょうか?」と言っていた

→鶴見中尉は函館湾に落ちた後、アメリカに渡ってマッカーサーを操っていたようだから、東京にはいないはず

梅子は妊娠していた

→鶴見中尉はずっと北海道にいたから、妊娠させられないはず

という理由から、梅子の再婚相手は鶴見中尉ではなかったのです。

ねこ先輩
ねこ先輩
鶴見中尉がマッカーサーを操っていたことについては、この記事で考察してるよ!
アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?今回は、ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?と題してお届けします。 2024年1月19...

 

鶴見中尉は中央政府からは「反乱分子」とみなされているため、日本にいることは危険であり、梅子がいる東京になんていたらすぐに捕まってしまうでしょう。

 

お腹が大きくなるのは妊娠5ヶ月ぐらい〜で、梅子のお腹は既に大きかったですよね。

杉元が梅子に会いに行ったのは函館湾に落ちた時から6ヶ月後なので、梅子が妊娠したのはちょうど五稜郭での戦いの時か、その直前くらいでしょう。

鶴見中尉は北海道にいましたので梅子を妊娠させることはできませんし、何より6ヶ月後の時点で東京にいるとは思えないので、梅子の再婚相手は鶴見中尉ではないと言えます。

 

鶴見中尉は妻子を本気で愛していたと考察していますので、いくら杉元を操るためとはいえ梅子と再婚することは考えられなかったのではないでしょうか?

ねこ先輩
ねこ先輩
鶴見中尉が目を治すのに必要な200円(現代では200万円)を持ってたら、別のことに使いそうだし(^_^;)

 

また梅子は戦後、杉元と会った時に杉元の匂いや気配から、「あなた、どなた?」と言い、恐れたような表情をしていました。

ねこ先輩
ねこ先輩
戦後に杉元と梅子が再会したことについては、この記事で紹介してるよ♪
アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ実写映画・アニメでカットされた問題シーンは何話のどこ?今回は、ゴールデンカムイ実写映画・アニメでカットされた問題シーンは何話のどこ?と題してお届けします。 2024年1月19日に公開さ...

 

杉元は原作でアシㇼパさんに「戦場では自分を殺して別の人間にならないと戦えない。日本に帰ってきても元に戻れない奴は、心がずっと戦場にいる」と言っていましたよね。

梅子は杉元の匂いから、杉元が「別の人間」になってしまったことを感じ取り、「こんな人知らない、怖い」と思ってしまったのでしょう。。。

 

「日本に帰ってきても元に戻れない奴」の描写では鶴見中尉がセンターにドーンといましたので、鶴見中尉も「日本に帰ってきても元に戻れない奴」の1人であることは確かです。

梅子は目が悪い分、匂いには敏感なので、そんな「心がずっと戦場にいる」鶴見中尉と再婚しようとは思わないのではないでしょうか?

ねこ先輩
ねこ先輩
会った瞬間に「こいつ危険だ」って分かって警戒すると思うし、梅ちゃんには「甘い嘘」「鶴見劇場」も効かなさそう

 

再婚相手はどんな人?

前述の通り、『ゴールデンカムイ』の梅子の再婚相手は、

  • 年齢は40歳を過ぎている
  • 裕福で素敵な男性
  • 妻子を亡くして跡継ぎがほしい

という人だそうです。

スポンサーリンク



その他、

跡継ぎのため?とはいえ、目がほとんど見えないバツイチの梅子を嫁にしてくれた

梅子の目の病気は治してもらった模様

梅子自らお花屋さんとして働いている

梅子の息子・寅太郎も粗末な服は着ていない

梅子は「心がずっと戦場にいる」人の雰囲気を感じ取り、警戒する

といったことから、結構なお金持ちで、梅子だけでなく義理の息子にも優しく穏やかであり、女性の自立も大事にしてくれる人なのではないかと考察します!

ねこ先輩
ねこ先輩
お金持ちだったら普通に専業主婦しててもおかしくないけど、梅子は楽しそうに働いてるもんね

 

寅次は「目の悪いコブ付きの女なんて誰ももらってくれない」と心配していましたが、梅子はちゃんと愛されて幸せになれたようです(><)

梅子の目の病気を治すには200円(現代では200万円)かかるということで、それを出せたということは、いご草ちゃんのように東京の財閥に嫁いだのかもしれませんね♡

ねこ先輩
ねこ先輩
いご草ちゃんについては、この記事で考察してるよ♪
アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?今回は、ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?と題してお届けします。 2024年1月19...

 

戦争には行っていないか、戦争に行っていたとしても谷垣のように元の自分に戻れた穏やかな人なのでしょう。

義理の息子にも優しく、女性の仕事も大事にしてくれるなんて、理想の旦那さんだと思います!

寅次も杉元も梅子のことを心配していましたが、菊田さんが「梅ちゃんナメんな」と言っていた通り、梅子はちゃんと幸せをつかんでいてカッコいいです(><)

ねこ先輩
ねこ先輩
菊田さんは、杉元が軍に入るきっかけになった人だよ

 

梅子の再婚相手については、「杉元が半殺しにした上官では?」という考察もありました。

ねこ先輩
ねこ先輩
杉元は最初に「気に入らない上官を半殺しにしたからお金がもらえない」的なこと言ってたよね

 

その可能性もありますが、

杉元に半殺しにまでされたら、簡単には動けなさそう

動けても、子どもを作れるまで回復できるのか?

割と温厚な杉元が「気に入らない」と思うくらいだから、梅子も気に入らなそう

といったことから、私は杉元が半殺しにした上官が梅子と再婚した可能性は低いと考察します。

 

その後は?

梅子はお金持ちの年上の男性と結婚した上、杉元から金塊の一部ももらっていましたが、その後はどうなるのでしょうか?

私は、ずっと幸せに暮らしたわけではないし、早くに亡くなってしまったかも。。。と考察します。

スポンサーリンク



確かに杉元と再会した時点ではお金持ちの奥さま&金塊の一部ゲットでかなりの大金持ちなのですが・・・

1923年に関東大震災が起こるため、亡くなった可能性も・・・

1941年には第二次世界大戦が起こるため、息子が徴兵される可能性もある

と、困難が降りかかりそうです。。。

ねこ先輩
ねこ先輩
金カムの始まりが1907年で、その時点で梅子は20代前半だよ

 

関東大震災での東京の被害は6万6千人を超えているということなので、梅子の家族も被害に遭ったとしてもおかしくありません

 

もし助かったとしたら再婚相手の財産&杉元からもらった金塊で何とかなりそうですが、1941年には第二次世界大戦が始まります。

梅子が最終巻時点で授かっていた子どもは、年齢的に徴兵されてしまう可能性が高そうですよね。。。

ねこ先輩
ねこ先輩
再婚相手は「跡継ぎがほしい」って言ってたから、男の子が生まれるまで子ども作りそうだし

 

梅子もずっと幸せに暮らせるわけではなさそうですが、持ち前の強さで生き抜いていってほしいです(><)

アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ実写映画キャスト一覧・比較を画像付きで紹介!相関図は?今回は、ゴールデンカムイ実写映画キャスト一覧・比較を画像付きで紹介!相関図は?と題してお届けします。 2024年1月19日に公開さ...

\『ゴールデンカムイ』の原作を読むならeBookJapan
!/



ねこ先輩
ねこ先輩
クーポン利用でお得♪

\紙で読みたい方はこちら♪/

 

ゴールデンカムイ梅子の杉元との関係は?

杉元と梅子の関係→幼なじみであり、両想いで駆け落ち寸前だったが、梅子は寅次として結婚して想いを断ち切り、杉元も未練はなくなった

 

『ゴールデンカムイ』で、

  • 杉元(山﨑賢人)
  • 梅子(高畑充希)
  • 寅次(泉澤祐希)

故郷が同じ(神奈川県)で幼なじみであり、以下のような構図の三角関係でした。

ゴールデンカムイの三角関係

 

杉元は子どもの頃から強く、柔道や剣道でも寅次はいつも負けていたそうです(^_^;)

杉元と梅子は両想いでしたが、梅子が結婚した相手は寅次

 

寅次は日露戦争で杉元を庇って戦死し、その際に「目の悪いコブ付きの女なんて誰ももらってくれない。杉元、梅子を頼んだ」と、杉元に託したのです。

言葉だけ聞けば「梅子を嫁にもらってくれ」とも取れますが、杉元は梅子と再婚はせず、梅子の目の病気を治すために金塊を探したのです。

 

本章では、

  • 杉元と梅子が結婚しなかった理由
  • 寅次戦死後に再婚しなかった理由
  • 梅子の気持ち
  • 杉元の気持ち

を紹介&考察していきたいと思います!

 

結婚しなかった理由

結婚しなかった理由→杉元の家族が結核で亡くなり、杉元は村を去ったから

 

『ゴールデンカムイ』で両想いだった杉元・梅子ですが、杉元が青年になった頃、家族が3人結核で亡くなります。。。

ねこ先輩
ねこ先輩
結核は明治、大正を通じて、死亡原因の約10%を占めてたよ

映画版では結核じゃなくて「肺病」って言ってたけど、どっちも同じ病気だよ

 

杉元は結核にはかかっていませんでしたが、「自分も感染ってるかもしれないしれない」と思い、自宅を焼いて村を去ったのです。

ねこ先輩
ねこ先輩
「あの家は結核で何人も死んでる」って村の人から敬遠されてたもんね。。。

 

梅子は村を去る杉元に「連れて行って」と言いますが、杉元は「梅ちゃんを殺したくない」と言って離れます。。。

心の中では「2年結核を発症しなかったら村に戻って梅子と結婚しよう」と思いながら・・・

ねこ先輩
ねこ先輩
梅ちゃんが言った通り連れて行ったら駆け落ちだったってことだね

映画版では2年じゃなくて1年になってた

 

梅子→自分も結核になってもいいと思うほど杉元が好きだった

杉元→好きな女性を結核で死なせたくないと思って別れるほど、梅子が好きだった

と、お互いに相手のことを深く愛していたことが分かります。。。

「好きな人を死なせたくない」という気持ちは分かりますが、梅子の「連れて行って」には「結核になっても構わない」という気持ちが込められていると思います。

それほどまでに強い覚悟で杉元を愛していたなんて泣けますよね(><)

 

梅子は杉元を強く愛していましたが、その約2年後、両親の勧めに従って寅次と結婚したのです。

現代だったら杉元を待つという選択肢もあるかもしれませんが、時は明治。

明治の女性の初婚年齢は15〜20歳くらいであり、「家庭に入って夫を助け、子どもを育てる」のが当たり前とされる時代ですよね。

 

梅子は杉元を待ちたかったかもしれませんが、梅子の両親にはそんな選択肢はなく、両親の勧めに従うしかなかったのだと思われます。

ねこ先輩
ねこ先輩
あの時代に家を飛び出して女性が一人暮らしするのは難しいだろうから、従うしかなかったんだね

 

梅子にとっては寅次も幼なじみの1人ですから、嫌いなわけではなかったはず。

寅次は「杉元以上に梅子を大事にする!!」と杉元に言っていたほどなので、梅子はそんな寅次の覚悟を信じたのだと思います。

両親に勧めに従いつつ、梅子は決して妥協で寅次を選んだわけではなく、ちゃんと杉元への想いに整理をつけてから寅次と結婚したのだと考察します!

ねこ先輩
ねこ先輩

杉元が去った後すぐに結婚しなかったのは、気持ちに整理をつけるためだと思う

「妥協で選んだわけじゃない」っていうのは、「梅子の気持ち」の章で詳しく考察してるよ

 

再婚しなかった理由

再婚しなかった理由→杉元は再婚を考えてたかもだけど、戦争で変わってしまったと痛感し、一緒にいられないと思った?

 

前述の通り、『ゴールデンカムイ』の梅子の前夫・寅次は戦死する直前、「目の悪いコブ付きの女なんて誰ももらってくれない。杉元、梅子を頼んだ」と、杉元に託します。

言葉だけ聞けば「梅子を嫁にもらってくれ」とも取れますし、実際、杉元は戦後、一度故郷に帰り、梅子に会っていました。

寅次の遺骨を渡すという名目でしたが、「杉元、梅子を頼んだ」と寅次に託されている以上、再婚も頭の片隅にはあったのではないかと考察します。

 

家の人は杉元だと気づきますが、目の病気でほどんど見えなくなっていた梅子は杉元の顔を認識できません。

梅子は匂いや気配から、「あなた・・・どなた?」と言ったのです。。。

ねこ先輩
ねこ先輩
体に染みついた血の匂いかもだけど、雰囲気や殺気で「これは自分が知ってる人じゃない」って思ったのかも

 

杉元はその後、アシㇼパさんに「戦場では自分を殺して別の人間にならないと戦えない。日本に帰ってきても元に戻れない奴は、心がずっと戦場にいる」と言っていました。

梅子に気づいてもらえなかったことは、杉元に「自分は変わってしまった」と痛感させたのでしょう。。。

 

杉元は「再婚して梅子を守ることはできない。近くにいることもできない」と悟り、自分ができること=目の病気を治す資金を集めることをすることにしたのだと考察します。

故郷でも仕事はできるのに、わざわざ北海道で砂金を集めていたということは、「自分を怖がってしまった梅子の近くにいてはいけない」と思ったのではないでしょうか。。。

ねこ先輩
ねこ先輩
寅次から「北海道ではまだ砂金が採れる」って聞いてたからかもだけど、「近くに入れない」っていう気持ちもあったと思う

 

好きな人の側にいたかったでしょうに、またも杉元は好きな人のために好きな人から離れることを選んだのですね。。。

 

梅子の気持ち

梅子の気持ち

梅子の気持ち→杉元のことは好きだったが、結婚後は「過去の思い出」であり、寅次を大切に想っていたのでは?

 

『ゴールデンカムイ』の梅子は、結核かもしれない杉元に「連れて行って」と言っていたほどなので、杉元を好きだったことは確かです。

しかし現実的な生活を考えた結果、杉元への気持ちには整理をつけることにし、寅次と結婚することを選んだのでしょう。

 

「好きだったのに冷たくない?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

原作で「一生同じ相手と暮らすエゾフクロウも、片方が亡くなったら別の相手を見つける」とアシㇼパさんが言っていた

よく恋愛について「男は『名前を付けて保存』、女は『上書き保存』」と言われる=杉元への想いは寅次で上書きされた?

「女性の方が現実的で、思い出よりも現在を大切にする」とも言われている

といったことから、梅子が杉元への気持ちの整理をつけて寅次と結婚したのは、別に不自然ではないんですよね。

 

寅次と結婚した梅子は、寅次を一途に愛していました!

寅次が「杉元がお前を連れて行ったらどうする?」と聞いた時、杉元に「連れて行って」とまで言っていた梅子は、

「そのときは佐一(杉元のこと)さんをぶっ飛ばしてください

それでもまた寅次さんが負けたら・・・

そのときは私ひとりでこの家に戻ってトラちゃんが泣き止んで帰ってくるまでにごはんを作って待ってます」

引用:『ゴールデンカムイ』4巻

と言ったのです(><)!!!!

 

結婚したからには寅次を一途に愛するという覚悟

「佐一ちゃん」と呼んでいたのに、他の男性だから「佐一さん」と呼ぶ

「ご飯を作って待ってる」という愛

もう全てがカッコよくて、梅子が大好きになりました!!!

 

このように梅子は、杉元への気持ちには整理をつけ、寅次を一途に愛していたことが分かります。

梅子が目の病気を患って視力が落ち始めたのは結婚後のことのようなので、「病気の自分も愛してくれる」という意味でも、寅次は大切な存在だったのでしょう。

 

では寅次が戦死した後は・・・

梅子の中ではもう杉元への気持ちは「過去のもの」であり、寅次との子・寅太郎を1番に愛していたのではないかと思います。

再婚相手のことを「愛していた」かどうかは分かりませんが、妻として一途に支えていたのでしょう。

 

私も同じ女性として、元カレや昔好きだった人は「あーあの時めっちゃ好きだったな〜」という認識はありますが、現在結婚していると、特にそれ以上の気持ちは芽生えません。

梅子も同じように、杉元のことは「昔めっちゃ好きだった人」くらいの感覚で、今の現実を大事にしているのだと思います。

 

このように梅子の気持ちは、

杉元

寅次

息子・寅太郎

寅太郎&再婚相手

と移っていったのではないでしょうか?

過去に想っていた人に気持ちが揺らぐことはなく、いま大切な人、大切にすべき人を一途に愛していたのだと考察します。

ねこ先輩
ねこ先輩

杉元と再会した時も嬉しい驚きではあっただろうけど、別に気持ちは揺らがなかったと思う

何年も前の元カレになんて、気持ち揺らいだりしないもんね

 

杉元の気持ち

杉元の気持ち

杉元の気持ち→梅子が大好きで途中まで未練タラタラだったが、アシㇼパさんとの出会いや旅で気持ちが変化した

 

『ゴールデンカムイ』の杉元は、梅子のために離れたくらいなので、梅子が好きだったことは確かです。

その後も、

心の中で思っていた通り、2年後に梅子のもとに帰ってきた

ねこ先輩
ねこ先輩
その時、ちょうど寅次との結婚式の日だったけど(^_^;)

東京に行って菊田さんと会った時も、まだ未練タラタラ

寅次戦死後も、会いに行く

ねこ先輩
ねこ先輩
この時は、杉元だって分かってもらえなかったけど(^_^;)

何の報酬も得られないのに、梅子の目の病気を治すために金塊を探す旅に出る

尾形に「金塊を探すのは危険だ」と言われても、「惚れた女のためだ」と全くめげない

と、かなりの間未練タラタラだったことが分かります(^_^;)

 

男性の恋は「名前を付けて保存」と言われていますし、統計的に男性は女性よりも恋愛経験が少なく、一回一回の出会いを大切にする傾向があるそうです。

杉元も梅子以外と恋愛している描写はないため、余計に引きずっているのでしょう。

 

しかし、

23巻で「あんなに気立ての良い嫁さん(梅子のこと)を残して死んじゃ駄目だよ」と言っていた=「俺の梅ちゃん」ではなく「寅次の嫁さん」と認識

25巻で「故郷で好きだった人と暮らすのか?」と聞かれた際、「約束を守るために故郷へ帰る。アシㇼパさんが事件に納得するまでは相棒のままでいる」

と言っており、段々「寅次との約束≧梅子への想い」「アシㇼパの相棒でいること>梅子」になっていることが分かります!

ねこ先輩
ねこ先輩
どっちのシーンでも梅ちゃんを思い出してはいたけど、確実に気持ちは変化してる!

 

寅次のことは親友として大事であり、梅子のことは段々「俺が好きな梅ちゃん」ではなく、「寅次の大切な嫁さん」として大切になっていったのではないかと考察します。

ねこ先輩
ねこ先輩
好きな人→大切な人に変わっていったって感じかな

 

何より「アシㇼパさんを守りたい、アシㇼパさんの気持ちを大切にしたい」という、アシㇼパさんへの思いの方が強くなっていたのではないでしょうか?

ねこ先輩
ねこ先輩
過保護に思いすぎて21巻で「お前が出会った頃のアシㇼパちゃんじゃない!」って白石に説教されるほどね(^_^;)

 

その言葉通り、杉元は自分の分け前を手に入れた後も戦いをやめず、アシㇼパさんの相棒として戦い続けます。

最終巻で梅子に金塊の一部を渡し、サッサとアシㇼパさんのもとに帰ってきたところを見て、「あぁ、もう未練はないんだな」と思いました(*^^*)

ねこ先輩
ねこ先輩
梅ちゃんのようにアシㇼパさんのことを女性として思っていたわけじゃないと思うけど、いずれは結婚するかもって考察してるよ
アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?今回は、ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?と題してお届けします。 2024年1月19...

 

「故郷に戻って〜」と言っていた杉元は最後、アシㇼパさんに「故郷(北海道)へ帰ろう」と言いました。

杉元の居場所(心の居場所も)はアシㇼパさんのいる北海道になったことが分かりますよね(*^^*)

 

杉元は梅子より長〜く長〜く気持ちを引きずっていましたが、

梅子を愛してる!

寅次の嫁になったけど、寅次が「梅ちゃんの中にはまだ佐一がいる」って言ってたし・・・

菊田さんに「梅ちゃん舐めんな!」って言われたけど、まだ未練タラタラ

「惚れた女のため」に金塊を!

寅次との約束を守る

寅次との約束を守る&アシㇼパさんの相棒でいる

寅次との約束を果たしたから、アシㇼパさんと一緒に故郷に帰る

と、気持ちが変化していったのだと思います。

 

杉元も梅子も、お互いへの気持ちは「大切な過去のもの」となり、今は別の人と人生を歩んでいるということですね(*^^*)

ねこ先輩
ねこ先輩
お互いに自分の居場所ができたのは素敵なことだと思う
アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ原作1巻〜最後までネタバレ・感想!金塊の場所は?死亡キャラも今回は、ゴールデンカムイ原作1巻〜最後までネタバレ・感想!金塊の場所は?死亡キャラもと題してお届けします。 2024年1月19日に...

\『ゴールデンカムイ』の原作を読むならeBookJapan
!/



ねこ先輩
ねこ先輩
クーポン利用でお得♪

\紙で読みたい方はこちら♪/

 

ゴールデンカムイ梅子の目の病気は治った?

結論→梅子の目の病気は治った!

スポンサーリンク



『ゴールデンカムイ』最終巻で、杉元が梅子に金塊の一部を渡しに行った時のこと。

戦後に会いに行った際には「あなた、どなた?」と言われてしまっていましたが、ラストでは「佐一ちゃん?」と気づいてもらえていました!

杉元も「手術で見えるようになったんだね」と言っていましたね。

 

「杉元が本来の自分に戻ったから、その匂いで分かったのでは?実際は治ってないのでは?」という声もあるようですが、

お手伝いさん?花屋さんの社員?に「どうしたの?青い顔して」と言っている=相手の顔色が分かる

息子が杉元の足を叩いている時に「やめなさい!」と言っている=相手の行動も分かる

杉元と会った時の息子は鼻水を出しているが、杉元が去った後、綺麗になっている=多分、梅子が拭いてあげたと思われるため、透明の鼻水まで見える

といったことから、ほぼ完璧(少なくとも近くのものはハッキリ見える程度)に視力が回復したのではないかと考察します!

 

再婚相手は「裕福」ということだったので、再婚相手が目の手術代200円(現代では200万円)を出してくれたのだと思います(*^^*)

ねこ先輩
ねこ先輩
「跡継ぎがほしい」とも言ってたし、子育てするにも目が見えたほうがやりやすいしね

良い人と再婚できて本当によかったです(><)

 

匂いを嗅ぐ描写があった理由

匂いを嗅ぐ描写があった理由→杉元が「元の自分に戻れた」ことを表現している?

 

『ゴールデンカムイ』2巻で杉元が戦後、梅子に会いに行ったシーンでは、ほどんど見えない梅子は杉元の顔を認識できず、匂いや気配から「あなた、どなた?」と言いました。

これは「戦場で戦うために別の人間になったが、日本に戻ってきても元に戻れず、心がずっと戦場にいる」ことを表しています。

 

アシㇼパさんは「(杉元が好物の)干し柿を食べたら、戦争に行く前の杉元に戻れるのかな」と言っていました。

梅子と会った後に干し柿を食べた杉元は「戻ってないけど、今の自分が割と好きだから変わらなくていい。全部背負って生きていきたい」と言っていましたね。

 

杉元自身は「元の自分に戻れていない」と言っていますが、私は本来の杉元に戻ったと考察しています!

【戦後、梅子に会いに行った時】

杉元の近くに行き、匂いを嗅ぐ

血?ホラー?っぽい感じの暗いトーンが貼られている

眉をひそめてゾッとし、「あなた・・・どなた?」

 

【最終巻で、金塊の一部を渡しに行った時】

杉元の近くに行き、話しかけながら匂いを嗅ぐ

和紙みたいな品のあるトーンで、色もそんなに暗くない

目を見開いて「佐一ちゃん?」

と、トーンも表情もセリフも全部違いますし、ちゃんと匂いを嗅いだうえで杉元だと認識しています!

杉元自身は「元に戻れてない」と思っているのかもしれませんが、梅子の匂いを嗅ぐ描写で杉元が本来の自分に戻れたことを表現しているのではないでしょうか!

 

「梅子は最後まで戸惑った表情だから、目が見えているけど『この人は本当に私が知っている佐一ちゃん?』と思っているのでは?」という考察もありました。

しかし梅子は「自分が知っている佐一ちゃんじゃない」と思って戸惑っていたわけではなく、

急に傷だらけの顔で現れたこと

大金を渡してきたこと

に驚き、戸惑っていたのだと思います。

 

何年か前に会いに来た?けどすぐに帰ってしまった幼なじみ(昔好きだった人)が傷だらけの顔で会いに来たら、そりゃビックリしますよね(^_^;)

ねこ先輩
ねこ先輩
梅ちゃんが知ってる(目が見えていた時)杉元は、顔に傷なんてなかったし

 

梅子は、

寅次が杉元に、梅子の目の病気について話したこと

手術をするために大金が必要だと話し、託したこと

も知らないはず。

ねこ先輩
ねこ先輩
寅次は戦地で杉元に話してたし、戦後に梅子と杉元が再会した時は杉元だって認識してないし

 

そのため

  • 何で目の病気のこと知ってるの?
  • こんな大金どうしたの?
  • 何で私に渡してくれるの?

と、梅子の頭の中は疑問だらけだと思うので、ずっと戸惑った表情をしているのは当然です(^_^;)

ちゃんと匂いを嗅いだうえで「佐一ちゃん?」と言ってくれていましたし、戸惑った表情をしているのは、杉元が元に戻れていないからではないと考察します(*^^*)

アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?今回は、ゴールデンカムイ考察!鶴見中尉は生きてる?尾形の自害の理由は?キャラのその後は?と題してお届けします。 2024年1月19...

\『ゴールデンカムイ』の原作を読むならeBookJapan
!/



ねこ先輩
ねこ先輩
クーポン利用でお得♪

\紙で読みたい方はこちら♪/

 

まとめ

本記事では、ゴールデンカムイ梅子の再婚相手は鶴見中尉?杉元との関係は?目の病気は治った?と題して詳しくご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

『ゴールデンカムイ』で梅子が再婚した相手は分かっていませんが、鶴見中尉ではありませんでした。

杉元とはかつて両想いでしたが、今はお互い違う居場所を見つけましたね(*^^*)

目の病気については結構完璧に治っていると考察しています!

高畑充希さんの目が見えない演技は流石で、説得力がありました!!!!

それでは、ゴールデンカムイ梅子の再婚相手は鶴見中尉?杉元との関係は?目の病気は治った?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

アイキャッチ画像
ゴールデンカムイ実写映画主題歌は?発売・配信日やMVを紹介!今回は、ゴールデンカムイ実写映画主題歌は?発売・配信日やMVを紹介!と題してお届けします。 2024年1月19日に公開される実写映...
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA